食生活 野菜不足 改善 偏り 一人暮らし

一人暮らしのため、好きなものをどんどん食べてしまい栄養不足に

 

1人暮らしのため自分の好きな物ばかり食べてしまい、忙しい時は体に悪いとわかっていてもスナック菓子やカップ麺、菓子パンなどで済ましてしまうこともしばしば。

 

そもそもの料理のレパートリーもそう多くはありませんが、スーパーで売られている素材も1人では1度に食べきれない大きさ・量で売っているものが多く、小売や少量販売では割高であったりつい節約する方へ気を取られて安いものに偏ってしまう傾向にあります。私は以前、節約を気にするあまり米・麺類・パンをほとんどそのままの状態でローテーションを繰り返し続け、貧血やめまい・動悸が起きる等著しく体調を崩した経験があるので最近は意識をして野菜や鉄分を摂るようにしていますが、元々の好き嫌いはなかなか克服することはできません。サプリに頼ってみたこともありましたが、持病の薬も飲まなければいけないのにさらに錠剤が増えるストレスや、鉄剤の血生臭さ、カプセルが飲み込めない等で毎日飲み続けることは難しく、今は思い出した時に飲む程度です。

 

 

35歳からの高齢出産については、リスクがつきものだと言われていますよね。
具体的にどのようなリスクがあるのかについて、将来のためにも詳しく知っておきましょう!

週末などに食生活を見直し、不足している栄養を積極的に摂り入れるように


週末や休みの日など、料理に時間をかけられる時に一週間の食事を見直し、足りないと思う成分を多く含む食品を買う日を作りました。また、普段から牛や豚・鶏肉か野菜のどちらかを必ず主食にプラスするようルールを設け、毎日の食事に鉄分やビタミンを意識的に摂り入れるようにしています。

 

調理のレパートリーは好みや道具、時間によりなかなか増やすことは難しいですが、その分をお金として立て替えているものと考えて、また普段ひっきりなしに献立を考えている自分へのご褒美としてスーパーの手作り惣菜を購入するようになりました。
暇な時間があれば少しずつ自分でも調理出来る様に簡単な調理方法を探すことも欠かしません。普段から栄養バランスを意識したメニューで過ごす様になってからはサプリメントに頼る事もほとんどなく不調を気にすることも少なくなり、栄養面だけでなく精神面でも元気を取り戻しつつあります。
また、貧血が悩みなので女性である以上は毎月継続して鉄分を沢山摂らなければならないですが、サプリメントも見直して、糖衣加工がされていたり小さい錠剤のものを選んで補うようにしています。

人気の記事はこちら